採用HOME ロック・フィールドについて RFの取り組み 様々な取り組み
Pick Up Contents
「SOZAI」を通して、ロック・フィールドの仕事とコダワリをお伝えします。
スペシャリスト達のリアルな声をインタビュー。
豊かな食の未来を届けるために、私たちが大切にしていること。

様々な取り組み

安心・安全への取り組み

私たちの商品は、「健康、安心・安全、美味しさ、鮮度、サービス、環境」を基本につくられています。この6つの価値観は様々な取り組みによって具現化され、常に新しい可能性を追求し続けます。それぞれの現場での取り組みは、たいへん多岐にわたりますが、その一例をご紹介しましょう。

契約農家との提携

契約農家との提携
信頼のおける原材料を安定的に確保していくためには、生産者との信頼関係が必要不可欠です。
生産者の方々には、私たちの素材へのこだわりをご理解いただくことはもちろん、豊作不作に関わらず年間契約を結び、お互いのことを考えて仕事をすることで、信頼関係をより強固なものにしています。

男爵イモの茎葉処理

一般的に男爵イモは、薬剤を使用し、茎と葉を枯らしてから収穫しますが、私たちは、より安心で安全な男爵イモを使用するため、契約農家の方々に茎葉処理機を寄贈し、その機械で茎と葉を粉砕してから収穫する方法をお願いしています。
通常、広大な北海道の畑で行うにはたいへん非効率な作業ですが、より安心で安全な商品をお客様に提供するため、ご協力いただいています。
男爵イモの茎葉処理

HACCPへの取り組み

HACCP手法に基づいた衛生管理と工程管理を行い、各ゾーニング管理を導入しています。一般ゾーン(汚染作業区域)と衛生ゾーン(非汚染作業区域)を区別し、物の受け渡しは、パスボックス(冷蔵庫)での移動に限られています。また、施設の窓を小さくしたり、防虫フィルム、二重扉、エアカーテンなどを使用したりして、外部からの虫の侵入を防いでいます。
※HACCP 国際的に認められた衛生管理手法

徹底した衛生管理:社内に清掃の専門部署を設置

徹底した衛生管理:社内に清掃の専門部署を設置
ロック・フィールドには、サービスグループという自社の清掃専門チームが設置されています。
定期的に、閉店した後の店舗に入り、およそ2時間をかけて、高所や換気扇など日常掃除できないところまで徹底的に清掃します。
毎日の清掃で店舗をきれいに保つことが基本ですが、さらに上の衛生度を実現するため、こうして専門部隊が活躍しています。

食育への取り組み

私たちは、食に携わる企業として「食育」に取り組んでいます。大人から子どもまで、「食」への興味や関心を育み、食生活を大切にする人を少しでも増やしていきたいと考えています。

キッザニアへの出展

キッザニアへの出店
キッザニアは、子ども達が働くことの喜びや大切さ、社会のしくみを楽しみながら学ぶ場です。
私たちはこのコンセプトに共感し、2006年キッザニア東京に、2009年キッザニア甲子園にジューススタンドのパビリオンを出展しました。パビリオンでは、色々な野菜を使ったサラダづくりを通して「食」への関心と好奇心を育てています。

保育室

現在、神戸ヘッドオフィス・ファクトリーと静岡ファクトリーでは企業内保育室を隣接し、従業員のお子様をお預かりしています。園庭の小さな畑では、夏のトマト、秋のサツマイモなど季節の野菜を育て、収穫したものを、時にはクッキングもして、給食やおやつでいただきます。保育室での「食育」活動は、社内にも情報発信され、「食」の大切さを実感するきっかけになっています。
保育室

環境への取り組み

価値観の一つに掲げる「環境」は、私たちの大切な判断基準です。私たちは真剣に、環境と企業の持続可能な共存について考えています。

ISO14001認証

1999年、全てのファクトリーでISO14001を認証取得しました。

静岡ファクトリーパーク

静岡ファクトリーパーク
静岡ファクトリーは、地球環境に優しい循環型のファクトリーです。風力発電によるクリーンエネルギーと微生物の力を利用して排水を浄化したり、生ごみを100%リサイクルし堆肥にするなどの取り組みを行っています。
また、敷地内をめぐるビオトープ、ハーブガーデン、植樹などの積極的な緑化が評価され、2010年に「緑化優良工場等経済産業大臣賞」を受賞しました。緑豊かなファクトリーは従業員をはじめ、訪れる人や地域の人々を和ませる憩いの場となっています。

神戸ヘッドオフィスのリノベーション

神戸ヘッドオフィスのリノベーション(再生前)
再生前
神戸ヘッドオフィスのリノベーション(再生後)
再生後
神戸ヘッドオフィスは2004年10月に竣工しました。阪神・淡路大震災で被災した巨大な物流センターを買い取り、「もったいないから残す」をコンセプトに基礎部分から補修し、オフィス、ファクトリー、物流センターの3つの機能を兼ね備えた建造物へとリノベーションしました。建築家安藤忠雄氏の監修のもと、内観・外観の美しさにも配慮しながら再生しています。こうした取り組みが市民に愛される美しいまちの形成と、既存ストックの再生・活用に大きく貢献したとして、神戸市より「神戸市建築文化賞」を受賞いたしました。
PAGE TOP